たまには読書

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ひっさびさに漫画を買ってみました(09/06)
  3. デジカメのえほん(02/05)
  4. ストックホルムの子ども部屋(09/03)
  5. 食品の裏側(08/14)
  6. ベビーサイン(1Y2M)(10/20)
  7. 小児科に行こう!(08/22)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ひっさびさに漫画を買ってみました

2008.09.06(07:04)
ぷぷぷぷぷぅ!

以前、ナッツの似顔絵(このブログの左サイドにあるやつ)を描いてくださったぷぅ父さんのブログ「ぷぷぷぷぷぅ!」が単行本になりました。
さっそくネットで注文。

漫画を買うのは10年ぶりぐらいです。
オットが時々漫画雑誌を買ってくるので、たまーに読んだりはするのですが。

実は、ぷぅ父さんの本が届いた次の日、車で接触事故を起こしてしまいました(>_<)
幸いけがはないのですが、ナッツを乗せている時に事故してしまったこと、車が少し凹んでしまったので修理代のことを考えると、気分はどん底。
原因は、明らかに相手の道交法違反なのですが、こちらも停車していたわけではないので、少しですが過失が生じそうです。(現在、保険やさんのほうで話し合い中。)

で、なにもする気になれなかったので、ナッツのお昼寝中に漫画読んでました。
落ち込んでいるときに漫画読むと、嫌なことが忘れられていいですね~。
事故しても、けがしなかったし、家族みんなで仲良く暮らせたら別にいいじゃん、子どもが元気でいてくれれば少々のことどうでもいいかな~って開き直れました(笑)
元気パワーをもらえました、ぷぅ父さんありがとう!



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加しています。
順位が上がると更新の励みになりますので、
よろしければ応援お願いします♪



スポンサーサイト

デジカメのえほん

2008.02.05(14:03)
前回の「カメラの話」の続きです。


デジカメも持っていないのに、こんな本買ってしまいました。
Amazonのレビューで「デジカメにかぎらず、カメラ初心者にもオススメ。」というのに魅かれて購入。

カメラの初歩の初歩的なことが書いてあるのですが、とっても分かりやすい!
「デジカメのえほん」というだけあって、字が少なく、実際にデジカメで撮影した写真を見比べながらカメラの機能を目で感覚的に理解できます。

露出、広角、ハイキー、ローキー、マクロなどなど、今までフォトブログやカメラの機能についての説明を読んでも分からなかった用語の意味が分かりました。
これで、やっと少しはカメラのハウツー本の内容が理解できるようになったかなという感じです。
実際、この本を読んで、写真の撮り方が変わりました。
写真を撮るときは、いろんな角度から被写体を見るようになったし、被写体だけでなくそのまわりの景色とのバランスをみながらシャッターを押せるようになったかな。
これだけで、ずいぶんいい写真が撮れるような気がします。
もちろん、カメラについて勉強しはじめたばかりなのでまだまだなんですが。。
デジカメ持ってるけど、いつもなんとなく撮っているという方や、私みたいなカメラ超初心者の方には、オススメな本です。


今日は続きもありますので、よろしければ引き続きおつきあいください。



⇒デジカメのえほんの続きを読む

ストックホルムの子ども部屋

2007.09.03(15:48)


ナッツのおもちゃが増えてきて、部屋の中がごちゃごちゃしてきちゃっています。
おもちゃは、おもに1階に置いてあって、リビング兼プレイルームになっており、2階に将来子ども部屋として使う部屋は空いているのですが、まだ長時間一人遊びできないし、私の目の届く範囲で遊んでもらわないと危ないので、まだ子ども部屋として使うのは早いかなと思っています。

でも、リビングがおもちゃでごちゃごちゃしているのは落ち着かない、なんとか片付けなければと思っていたところ、こんな本に出会いました。

「長くつしたのピッピ」が生まれた国、北欧スウェーデン。
行ったことはありませんが、遠い国の子ども達は、こんなステキなお部屋で遊んでいるんだ~なんて思いをめぐらせています。

もちろんストックホルムのすべての家庭が、子どものためにここまでインテリアに力を入れているとは思っていないのですが、日本の家庭の子ども部屋を見て、「子ども部屋のインテリアにこんなにお金をかけられてお金持ちはいいなぁ。」なんて思うより、外国の子どもの暮らしを垣間見ていたほうが、だんぜん夢があります(笑)

北欧ならではのお部屋の色遣い、おもちゃのディスプレイ、ポスターや絵、ポストカードの貼り方、どれをとってもセンスが光っていてカワイイ。
子ども部屋なので、色彩豊かなインテリアが多いのですが、どこかシンプルなニュアンスがあって、見ていて不思議と落ち着きます。
色がいっぱいあると、どうも統一感がなくって落ち着かないのですが、やっぱりセンスのいい人は上手にまとめられるんですね。、
私も子どものカラフルなおもちゃが大好きで、ナッツの趣味はおいといて自分の趣味で買っているふしがあるので、ぜひ使わなくなったおもちゃは可愛くディスプレイしたいと思っていたので、とても参考になります。

部屋全体をこの本みたく模様替えするのは無理だけど、ポイントで真似できるところはけっこうありそう。
さっそく雑貨屋さんに行きたくなっちゃいました。


さて、今回この本とあわせて絵本や雑誌などいくつかAmazonで購入したのですが、2,000円キャッシュバックに魅かれて「Amazonクレジットカード」に入会してみました。
買い物をしたときに画面で値引きが確認できなかったのでちょっと不安だったのですが、先日、明細書が届いて2,000円ちゃんと値引きがあったのでほっとしました。
ポイントもたまるし、Amazonで買い物するならお得です。


 ランキングに参加しています。順位が上がると励みになります。♪♪FC2ブログランキングへ♪♪

食品の裏側

2007.08.14(00:55)


久々に活字ばかりの本など読んでみました(笑)
すごく分かりやすい言葉で書いてあるので、どんどん読み進めることができました。

加工食品に食品添加物はつきものだとは知っていましたが、量も種類もはるかに予想を超えていたことを知り、ショックと反省で考えさせられます。
食品添加物って、見た目をよくしたり、味に旨みを持たせたり、長期間保存できるようにしたり、消費者にとって便利なものだと思っていました。
でも、質の悪い野菜や肉をキレイによみがえらせたり、製造過程の苦労を減らしてコスト削減のために使われたりもしていて、製造側や販売側にとっても便利なものだったんですね。

いちばんショックだったのは、私が大好きな明太子は添加物の塊だったということ。
この本を読んだら、ちょっと食べられないなぁ。。

今までは、食品添加物って体に悪そーというイメージだけはあったものの、いまいちピンときていなかったのですが、食品添加物って化学物質の薬(本書にはこういう表現はありませんが)なんだなって認識できました。
そんなものをバンバン使った食べ物を今まで食べてきたと思うとちょっと気持ちが悪いです。

とはいっても、これから食品添加物を一切口にしないということも無理。
とにかく、加工食品には何かしら食品添加物は入っていますから。
でも、この本に、食品添加物との上手な付き合い方を教えてもらいました。

なかなか、食事を3食キチンと作るのって大変ですよね。
オータムも朝食と昼食はかなり手抜きしてるなって思います。
最近よく食べる冷やし中華、冷蔵庫に入っていたので裏の表示を見てみたら、麺にもタレにも添加物けっこう入ってました。
ナッツにも普通に食べさせていました。。ちょっとショックです。

これからナッツに食べ物の大切さを教えていくには、もう少し手間ひまかけて、なるべく加工食品に頼らない食生活にしなければと、反省。
子どもには変なもの食べさせたくありませんから、親もある程度知識を持つことは必要だなって思いました。


 ランキングに参加しています。クリックしていただけると、育児も家事もがんばれます。♪♪FC2ブログランキングへ♪♪

ベビーサイン(1Y2M)

2006.10.20(01:58)
ベビーサインってご存知ですか?
まだ話せない赤ちゃんと簡単な手話のようなジェスチャーでコミュニケーションをとる方法です。
もっと詳しく知りたい方はこちらのHPへ
>>赤ちゃんとお手てで話そう!

私は、ナッツとはやくお話がしたくて、5~6ヶ月の頃から根気よくベビーサインを教えていました。
10ヶ月頃には、「おっぱいほしい」のサインの意味が分かるようになり、11ヶ月で自分でサインを出せるように。
ただ、もうそろそろおっぱい卒業したいと思っているのに、なにかとおっぱいのサインを出してくるので、最近では少々困り物ではあるのですが・・・
今では、
「お茶ちょうだい」
「おいしい」
「もっとちょうだい」
「外に行きたい」
「イヤ」
「オムツがぬれた」 などなど
いろんなサインで、ナッツの要求を理解できるようになりました。
言葉も少しずつ出てきて、おしゃべりが楽しい今日この頃です。

4537204184ワイド版 ベイビーサインで赤ちゃんと話そう!
ロング 朋子
日本文芸社 2006-01

by G-Tools

この本を参考にしてます。
何冊かベビーサインについての本は読みましたが、これがいちばん分かりやすかったです。
サインの出し方や、教え方のコツ、それから月齢ごとにベビーが理解しやすいサインが紹介されているのが◎





↑クリックしていただけるとうれしいです♪




小児科に行こう!

2006.08.22(01:23)
小児科に行こう!
小児科に行こう!

赤ちゃんを小児科に連れて行くタイミングって難しくありませんか?
熱がないのにおなかがゆるいとか、夜間に発熱したときとか。
そんなとき参考になる一冊です。
小児科医と看護師の対話から、かかりつけ医の選び方、小児科医とのよりよいおつきあいのアドバイスがされています。
2人のホンネがちらりちらりとのぞくのが興味深い。
面と向かって聞きにくいこと、この本なら教えてくれるかも。


【楽天ブックス】本・DVD・CD・ソフトウェアのオンラインショッピングサイト:ポイント還元でお得にショッピング!今なら全商品完全送料無料!


楽天カード入会でもれなく2000ptプレゼント





↑クリックしていただけるとうれしいです♪


| ホームへ |
PR

ランキングに参加しています♪


カテゴリー
ブログ内検索

最近のコメント

Special Thanks!

ナッツとぷぅ

「ぷぷぷぷぷぅ ~フリーターパパの育児マンガ~」のぷぅ父さん作、ナッツの似顔絵。「ナッツとぷぅで王子に恋する人魚姫」

月別アーカイブ
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。