ママ友とのおつきあい

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 引きこもり生活の楽しみ方(01/13)
  3. 名刺を作ろう(11/10)
  4. きっかけの言葉(11/08)
  5. 同年代のママ友。(11/05)
  6. 7歳年下のママ友との出会い(11/04)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

引きこもり生活の楽しみ方

2010.01.13(14:02)
昨年秋から、引きこもり生活続行中。
出かけるといったら、週末にスーパーへ食材を買いに行き、100円ショップとドラッグストアに寄るぐらい。
次のスーパー以外の外出の予定は、月末の幼稚園の参観日。

こんなんでいいのかと思いつつ、グラを連れて外へ出掛けることを考えるほうが苦痛なので、まあいいか。
寒いし面倒だし。

で、昨日は、我が家で幼稚園のママ友3人と新年会&冬休みお疲れ会。
忙しくてお料理を作っておもてなしというわけにはいきませんが、
サラダだけ作って、あとは宅配ピザと、おみやげのシュークリームに舌鼓。
年末年始の毒を吐きつつ、2人目育児の体験談を聞きつつ、グラをあやしつつ、
あっという間に楽しい時間が過ぎました。

2人目育児の場合、ママ友がすでにいるっていうのが心強い。
ナッツのときは、まだ友達がいなかったので、一人で悶々と授乳とおむつ替えと寝かしつけしてたような。。

さて、新年会も終わったことだし、次の楽しみを設定しなければ!

スポンサーサイト

名刺を作ろう

2006.11.10(01:07)
ママ友とのアドレス交換には、名刺があるととっても便利!!
特に携帯電話のアドレスは、スパムメール対策で複雑なアドレスにしている方が多いのでは?

赤外線通信機能がついた携帯どうしだったらアドレス交換は簡単だけど、その場でアドレスを聞いて送受信したり、アドレスを書いて渡したりというのがまだまだ主流ではないでしょうか。

アドレスをメモっているあいだも、ハイハイやあんよの赤ちゃんと一緒じゃ目が離せないし、抱っこしているときなんか、ほんと大変。

名刺があれば、バックからさっと取り出して渡すだけだから、アドレス交換もスマートにできます。

私の名刺は、
・自分の名前
・携帯の電話番号
・携帯のメールアドレス
だけのシンプルなもの。
赤ちゃんの名前と写真、生年月日なんかいれてもいいかもしれませんね。

私は、育児サークルで出会った人からアドレスを聞かれれば誰にでも教えていたので、あえて住所や自宅の電話番号はいれませんでした。

ちなみに「ラベル屋さん」というソフトをダウンロードして作成しました。

ラベル屋さんダウンロードはコチラから

「A-one」というラベルの専門メーカーさんのHPなのでA-one製品の用紙にぴったりきれいに印刷できて、使い方も簡単!
また、デザインを簡単に作成できるテンプレートがテンプレートギャラリーから無料でダウンロードできます。
昔、ワードで名刺を作ったことがありますが、「ラベル屋さん」のほうが断然簡単にできました。




>>ランキングに参加しています
 
↑クリックしていただけるとうれしいです♪








きっかけの言葉

2006.11.08(01:36)
「いま何ヶ月なんですか?」

育児サークルや健康相談などで初対面のママ達とお話しするときの最初の言葉は、ほとんどコレ↑。
ナッツと同じぐらいの赤ちゃんのママに話しかけると、だいたい話が弾みました♪

それと、顔見知り程度のママには
「前にも、○○のサークルで会いましたよねぇ。」
ってな感じで、話すきっかけを作ってみたり。

話すきっかけができれば、自然とその場にもとけこめるので、それほど仲良しがいなくても、外に出るのがだんだん楽しくなってきます。

それから、私が心がけていたこと。
・自分の子どもと同じぐらいの月齢のベビーやママの近くに座る。
・話しやすそうな雰囲気の人の近くに座る。
・はじめは孤独でも、同じサークルに継続して参加する。

初めはなかなか馴染めなくても、次回同じサークルに参加すれば、以前参加していた人に会えますし、顔を覚えていてくれてる人が話しかけてくれることも何度かありました。
私のような人見知りは、話しかけてもらえるだけで、とってもうれしかったりします。
それに、サークルのスタッフの方や職員の方とも話しやすくなるので、ちょっとした育児の相談にのってもらったり、イベントや保育園の情報を教えてもらったり。

慣れない土地での育児、気の合うママ友と育児サークルにずいぶん助けられています。


 
↑クリックしていただけるとうれしいです♪









同年代のママ友。

2006.11.05(00:56)
オータムは現在33歳。
理想は20代中に第1子出産でしたが、ちょっとずれこみ32歳で初産でした。

晩婚化で出産年齢が上がっているとはいえ、20代の初ママが多いのだろうなと思っていましたが、意外と30代で出産するママのほうが多いみたい。

なので、サークルなどでは、ちょうど同年代のママとお話する機会が多いですね。

同年代のママ友達とは、自治体が行っている乳幼児健康相談で知り合いました。

オータムが住んでいる自治体では、0歳児は毎月1回、赤ちゃんの身体測定と育児相談を行っていて、その待ち時間にママ達が交流できるようになっています。

ナッツが3ヶ月の時に初めて参加したのですが、そのときは、すでにママ友のグループできあがっていたようで、ぜんぜん話の輪に入っていけません。

少し子育てに疲れが出ていた時期だし、気軽に子育てのことを話せるママ友もいなかったので、かなり不完全燃焼だったし、なんとなく孤独だったので、気持ち的にも疲れました。

何ヶ月かそんなことが続いたのですが、何回か通っているうちに、顔見知りになり、なんとなく話すようになったり、集団予防接種で偶然会って話しかけてくれたり、徐々に親しくなって連絡をとりあうように。

今では、数人のグループで図書館の「赤ちゃんのためのおはなし会」に参加したり、近くの保育園主催の育児サークルに参加したり。
みんなで楽しい時間を過ごしています。

それから、同年代ならではの悩みを共有できるのも◎
やっぱり30代、おんぶやら抱っこやらで、みんなけっこう肩や腰にきているみたい。
2人目どうするっていうのも、体力気力ともに切実な問題だったりします^^;


 
↑クリックしていただけるとうれしいです♪








7歳年下のママ友との出会い

2006.11.04(01:08)
昨日、ママ友から
「今月も育児サークル、一緒に行こっ!」って携帯メールが。
あいにく実家に滞在中のため、ご一緒することはできませんが、こうやって時々お誘いメールがもらえるのは、なにかと煮つまりがちな育児中にはうれしいもの。

オータムは実家から遠方にお嫁に行ったため、出産するまでは、普段気軽に会っておしゃべりしたり、情報交換できるママ友ができるかどうか、それはそれは心配でした。

でも、今では、何人かのお友達とメール交換をきっかけに、育児サークルに行ったり、お買い物したり、おうちに遊びに来てもらったり、いいおつきあいをさせてもらっています。

オータムがママ友たちと出会ったきっかけは・・・

1つは、自治体が行っている育児サークルへの参加。
はじめて参加したのは、ナッツが5ヶ月の時。
ちょうど、4~5ヶ月頃って育児に慣れてきて、ちょっと余裕が出てくる月齢。
そろそろベビーを連れて外の世界に飛び出したくなる時期なのでしょうか、この頃からサークルデビューする人はけっこう多く、プチ人見知りな私でも、自然に話の輪に入っていくことができた気がします。
同じぐらいの月齢のママ同士だったら、成長の過程も悩みも似通っているので。

で、何回か同じサークルに続けて参加しているうちに、ナッツとお誕生日が1週間違いベビーのママから、メルアドを聞かれて、時々サークル以外でも会うようになりました。

7つも年下でとっても若いママなのに、なぜか気が合う。
こんな若い子とお友達になれるなんて、自分でもびっくりしちゃうぐらい(笑)
彼女がしっかり者なのか、私の精神年齢が低いのか???ですが、若くてエネルギッシュな彼女に負けないように、いつもイキイキしていたいな。


 
↑クリックしていただけるとうれしいです♪



| ホームへ |
PR

ランキングに参加しています♪


カテゴリー
ブログ内検索

最近のコメント

Special Thanks!

ナッツとぷぅ

「ぷぷぷぷぷぅ ~フリーターパパの育児マンガ~」のぷぅ父さん作、ナッツの似顔絵。「ナッツとぷぅで王子に恋する人魚姫」

月別アーカイブ
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。